■注意点

筋トレはゆっくりと呼吸を止めずに行いましょう。負荷のかかるトレーニングを行う際に、瞬発的に大きな力をかけたり、息を止めて下腹部に力を入れたりしてしまいがちですが、これらは避けたほうが良いでしょう。

息を止めて一気に力を入れることにより、血圧が急激に上昇してしまいます。過度な負担をかけないように、呼吸を止めないことが重要です。

トレーニングにあたっては、この動作を何セット、というふうに目標回数を設定します。ただし、回数はあくまでも目標であり、こだわる必要はありません。
それぞれの体力やその日の体調によってうまく調整しましょう。長く続けるには、無理せず体調に合わせて行うことが何よりも大切です。

そして、筋トレ中、筋トレ後には、水分補給を忘れずに。このとき、冷たい水よりもぬるま湯や常温の水の方が、体への負担が少なくおすすめです。

お問い合わせは☟

Follow me!