カウンセリングの重要性🗒

お疲れ様です😃

当ジムは、クライアント様の個人的、職業的、病歴の要素を下記記載にある主な概要を一例としヒヤリングをさせて頂き、クライアント様に合うメニュー等を提案させて頂きサポートさせてもらいます💪カウンセリング時には、なんでもお伝えくださいね🤙

⭐︎長時間の座位ー硬い股関節屈筋群、猫背、前かがみを引き起こす可能性がある。 

⭐︎反復的な運動パターン= パターンの過負荷を生み出す可能性がある(例えば、腕が常に頭上に ‒ 建設、 塗装、などー硬い広背筋、弱いローテーターカフを引き起こす可能性がある)。
⭐︎ドレスシューズ=絶え間ない底屈位は、硬い腓腹筋、ヒラメ筋、およびアキレス腱を引き起こし、衰えた 背屈と過剰回内足(偏平足)の原因となる。

⭐︎精神的ストレス=以下の原因となりうる。 安静時およびエクササイズ時の心拍数、血圧、および換気の上昇。 首、肩、胸、腰部のバランスを崩す原因となる異常な呼吸パターン。

⭐️過去の怪我/手術

⭐︎将来の怪我のリスクの強力な予測因子。

⭐︎ 足首の捻挫は、中臀筋と大殿筋への神経制御を低下させる。

⭐︎膝の怪我は膝蓋骨を安定させる筋肉への神経制御を低下させる。

⭐︎ 非接触型の膝の怪我は、しばしば股関節や足首の機能不全の結果である。

⭐︎ 腰痛は、体幹安定筋の神経制御を低下させる原因となる可能性がある。

⭐︎ 肩の怪我は、ローテータカフの神経制御の変化を招く可能性がある。(ローテータカフとは甲骨の前面と後面から起こる四つの筋(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋:それぞれの筋については別で説明)が付着している部分のことをいいます。

以上は、カウンセリング時にお聞きしてきた例になりますので参考にして下さい。

page16image62031360

Follow me!