食事のタイミング、1回分の分量、および頻度🍚🥩🐟

お疲れ様です😁

本日は、題名通り食事のタイミング、分量、頻度について少し記載しますので、参考にして頂けたら嬉しいです🙏

また、自身で管理をするのが難しい方は、私たちプロにお任せ下さい💪

必ず、結果までの効率が良い(クライアント様の生活習慣に合わせて)プランを提供し、健康なカラダづくりをサポートさせて頂きますので、お問い合わせお待ちしています❗️❗️

⭐️一般的な推奨事項になります⭐️

脂肪減少のために
  ⭐︎飽和脂肪からカロリーの10%未満を食べる。
  ⭐︎一日を通じて炭水化物、タンパク質、脂肪を分配する。
  ⭐︎1日4~6食。空腹のコントロールを助け、血糖変動を最小にしエネルギーを高める。      
  ⭐︎1日に最低9~13杯の水を飲む。(コップ一杯換算)
  ⭐︎食品を計量し測定する。
  ⭐︎1日当たり1200カロリー未満の食事には医師の監督を必要とする。

⭐️主な概念⭐️

⭐︎カロリー=1グラムの水を1°C上昇させるのに必要な熱エネルギー量。 

⭐︎安静時代謝率=安静時に消費されたエネルギー量。
⭐︎食品の熱影響=消化のための追加のエネルギー使用。 総エネルギー消費量の6~10%。 

⭐︎身体活動中に消費されたエネルギー̶=総エネルギー消費の約20%。

主要栄養素摂取の推進事項
タンパク質炭水化物脂質
⭐︎1 グラムあたり 4 カロリー
⭐︎座りがちな大人 0.8 g / kg / 日(0.4 g / lb / 日)
⭐︎ 筋力アスリート 1.2~1.7 g / kg / 日(0.5~0.8
g / lb / 日)
⭐︎持久系アスリート 1.2~1.4 g / kg / 日(0.5~0.6 g / lb / 日)
⭐︎食事の 10~35%
⭐︎1 グラムあたり 4 カロリー ⭐︎6~10 g / kg / 日
⭐︎繊維から 25~38g ⭐︎食事の 45~65%
⭐︎1 グラムあたり 9 カロリー
⭐︎総食物摂取量の 20~35% であるべき
⭐︎高い多価不飽和 – 飽和比が 望ましい

Follow me!

前の記事

食事管理困ったら📧